HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がん研究センター/富士フイルム】画像診断のAI開発支援‐今年度中に製品化目指す

2021年04月20日 (火)

 国立がん研究センターと富士フイルムは16日、画像診断を支援する人工知能(AI)の開発を効率的に行える「AI開発支援プラットフォーム」を共同開発したと発表した。医師による学習データの加工にかかる時間を短縮できるほか、プログラミングなどの高度な工学的知識がなくてもAI技術を開発できる。今年度中に研究機関や医療機関向けの製品化を目指す考えだ。

 AIを活用した医用画像の診断支援技術は社会実装が始まっており、研究機関や医療機関による研究開発が始まっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報