HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【戸田中央リハ病院薬剤科】持参薬切替時の負担軽減‐フォーミュラリー活用で

2021年06月11日 (金)

 フォーミュラリーに基づく薬剤師の持参薬切替提案は医師の負担軽減やエラー防止につながることが、戸田中央リハビリテーション病院薬剤科の調査で明らかになった。同院の常勤医師にアンケート調査を実施したところ、患者の入院時にフォーミュラリー等に基づいて薬剤師が持参薬の代替薬を提案した場合には、医師の処方切替に要する時間は1薬剤当たり1分で、提案が全くなかった場合の2分に比べて大幅に短くなった。安全性の確保についても、医師から高い評価が得られた。

 同院は、埼玉県戸田市にある200床の回復期リハビリテーション病院。エビデンスに基づき、有効性や安全性、経済性を考慮して推奨同効薬をリストアップしたフォーミュラリーの導入を進める戸田中央医科グループの病院として、これまで18品目21薬剤の推奨薬を盛り込んだフォーミュラリーを作成。薬剤師が持参薬剤鑑別書で切替薬の提案を医師に行う場面でも、フォーミュラリーを活用している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報