高機能サンスクリーン「アリィー」、日常使用の増加に応じ快適性向上

2009年1月19日 (月)

yakuji_photo

 カネボウ化粧品は3月1日から、高機能サンスクリーンブランド「アリィー」から「プレシャスバリア・サンスクリーン(ウォータータッチ)」を中心とする新商品8品目8品種(税込み価格147003150円)を発売する。サンスクリーンの日常使用と快適志向の高まりに対応し、“肌ストレスフリー”機能をさらに強化。イメージキャラクターには引き続き女優の加藤あいさんを起用してアピールすると同時に、店頭誘致を図る施策も展開。高価格帯サンスクリーン市場で、日常使用サンスクリーンとしてのポジション確立を目指す考えだ。

 同社の調査によると、サンスクリーンは今や日常生活で使用されるアイテムが中心になっている。春夏は、顔・体ともに“SPF50+”のサンスクリーンを使用する女性が多く、その中でも6割以上が「ほぼ毎日使用する」と回答している。さらに、日常生活で使用するサンスクリーンに対しては、「肌にやさしい」「使用感がよい」など“快適性”への期待が大きく、レジャー使用のサンスクリーンとは、期待する要素が異なることも判明している。

 こうしたニーズに応えるため、アリィーでは基本機能である「UVカット効果の強化」に加え、強みである「肌ストレスフリー」機能をさらに高めて、日常的に使用されるサンスクリーンとして快適性の向上を図った。

 今回の中心商品である「プレシャスバリア・サンスクリーン(ウォータータッチ)」は、“SPF50+”のUVカット力と、さらさら肌ストレスフリーの快適性を兼ね備えたサンスクリーン。快適性向上のため、ソフニングナイロンパウダーとヒアルロン酸コンプレックスという二つの素材を新配合する。

 ソフニングナイロンパウダーは柔軟性が高く、サラッと軽いつけ心地で、サンスクリーン特有の圧迫感・ベタつきを軽減する。また、ヒアルロン酸コンプレックスは、高い保湿効果により肌表面に潤いを与え、なめらかでやさしい使い心地を実現する。

 さらに、UVカット効果を高めるため、紫外線A波(肌の奥深くまで到達し、長期的に浴びるとシミやシワの原因になる)の中でも、特に長い波長までカットできる紫外線吸収剤も配合している。

 同社はアリィーブランドについて、これまでの高レベルなUVカット効果に加え、快適性を一層向上させることにより、サンスクリーンを日常的に使用する20030代女性のニーズに対応していく考えだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録