更年期障害治療剤「メノエイドコンビパッチ」を発売 あすか製薬

2009年2月9日 (月)

yakuji_photo

 あすか製薬は5日、更年期障害治療剤「メノエイドコンビパッチ」(一般名:エストラジオール/酢酸ノルエチステロン)を新発売した(写真)

 「メノエイドコンビパッチ」は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを1剤に配合した貼付剤。更年期障害や卵巣欠落症状に伴うほてり・発汗に対し、1週間に2回貼り替えるだけでホルモン補充療法を確実に行えるため、患者のコンプライアンス向上が期待できる。また、肝臓での初回通過効果を受けないため、脂質代謝・血管炎症への影響を抑えることができる。

 「メノエイドコンビパッチ」は、産婦人科領域を重点領域と位置づける同社として新薬第1号となる。今後、緊急避妊薬、遺伝子組み換え卵胞刺激ホルモン、卵巣癌治療剤など新製品の早期上市に取り組み、産婦人科領域全体で100億円の売上を目指していく。

 売上は、初年度が2000万円、ピーク時の5年目が6億3000万円を見込んでいる。

 薬価は、「メノエイドコンビパッチ」が1枚372・30円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録