【新製品】処方箋リーダー販売開始‐入力業務を大幅削減 EMシステムズ

2022年02月18日 (金)

 EMシステムズは、薬局向け処方箋読み取りシステム「MAPsオプション処方箋リーダー」の販売を開始した。処方箋から文字データを正確に読み取り、レセコンに自動的に取り込まれる。窓口業務の入力負担を大幅に削減でき、空いた時間を対人業務などに活用できる。

 処方箋リーダーは、二次元シンボルの有無に関わらず、医療専用OCRによって高い精度で処方箋情報を読み取り、文字認識をしてレセコンに自動的に取り込む。リーダーはクラウド対応のため、事前の設定などは不要。1万件以上の処方箋読み取りテストの学習実績から、医療機関によって異なる処方箋レイアウトや記載項目も最先端AIが独自に判読する。

 また、読み取りできない処方箋や旧漢字、丸囲み文字などの複雑な文字、読めない文字などはすぐにAIが学習する。同社他製品のほか、他社メーカーのレセコンにも二次元シンボルモードで利用できる。最先端AIと医療用OCRの技術を組み合わせた処方箋読み取りシステムを提供するNeoXと共同開発した。

 月額利用料金は5000円、処方箋数単位当たり12円の従量課金制。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報