TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【メディカルユアーズ】調剤ロボットの販売権取得‐新会社設立、低価格で攻勢

2022年05月18日 (水)

「薬局の近代化」を加速へ

GPIが製造する調剤ロボット「リードル・ファシス」

GPIが製造する調剤ロボット「リードル・ファシス」

 関西で薬局9店舗を展開するメディカルユアーズは、イタリアのGPIが製造する調剤ロボット「リードル・ファシス」を日本で独占的に販売する権利を取得した。処方箋のデータに基づきロボットが医療用医薬品の箱を棚から出し入れするもので、調剤業務の効率化を支援する。「薬局の近代化が自分の使命」と話す同社社長で薬剤師の渡部正之氏がGPIに積極的にアプローチし、交渉をまとめ上げた。7月以降、自社薬局に導入して検証を重ね、年内をメドに薬局や病院向けに販売を開始する計画だ。

 リードル・ファシスは、アームが動き回って棚から箱を出し入れする他社の類似ロボットに比べて高速で動くため、1件当たりの処理時間が短い上、故障しにくいことが特徴。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報