前立腺癌”を含む記事一覧

2019年11月29日 (金)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は25日、バイエル薬品の抗癌剤「ニュベクオ錠300mg」(一般名:ダロルタミド)など9件の製造販売承認と一部変更承認を審議し、了承した。 (さらに…)

続きを読む »


2019年11月29日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
9件の承認・一変了承 医薬品第2:P2 健康寿命延伸へ コンソーシアム:P6 97億ドルで企業買収 ノバルティス:P7 企画〈世界エイズデー〉:P4~5

続きを読む »


2019年11月15日 (金)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は25日、バイエル薬品の抗癌剤「ニュベクオ錠300mg」(一般名:ダロルタミド)など5件の製造販売承認と4件の一部変更承認について審議する。審議予定品目は次の通り。 (さら

続きを読む »


2019年09月20日 (金)

「育薬セミナー」は、「医薬品適正使用・育薬」をテーマに年間24回(1回120分)開講しています。育薬セミナーには、東京、福岡、群馬の3会場で同時開催される「リアル育薬セミナー」(原則毎月第2・第3木曜日開催)と、イン

続きを読む »


2019年08月23日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
ICIの心筋炎リスク発見:P2 中国OTC大手と提携 龍角散:P6 学校検査の支援要望へ 大阪府薬:P7 企画〈原薬・最近の話題〉:P3~5

続きを読む »


2019年08月09日 (金)

◆国内外で攻めの一手となっている製薬各社の主力抗癌剤。国内企業の2020年3月期第1四半期決算を見ると、武田薬品の多発性骨髄腫治療薬「ニンラーロ」、エーザイのマルチキナーゼ阻害剤「レンビマ」、アステラス製薬の前立腺癌

続きを読む »


2019年08月07日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
1件の一変了承 第二部会:P2 ゲノム編集の胚利用で議論:P3 世界展開、日本主導で 協和キリン:P6 TGCT薬を米国上市 第一三共:P7

続きを読む »


2019年07月03日 (水)

 アステラス製薬=前立腺癌治療薬「ゴナックス皮下注用80mg、同120mg」(一般名:デガレリクス酢酸塩)の新剤形として、「ゴナックス皮下注用240mg」を新発売した。  ゴナックス皮下注用は、これまで4週

続きを読む »


2019年07月03日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
サルのRNA情報 AMEDが公開:P2 不正再発防止を要請 日薬が通知:P2 18年世界製薬売上 J&Jが首位:P7 企画〈夏の性感染症〉:P4~5

続きを読む »


2019年06月17日 (月)

【アステラス製薬】前立腺癌治療剤「ゴナックス(R)皮下注用240mg」日本で新発売(剤形追加)
【大日本住友製薬】人事異動のお知らせ
【ファイザー】モメタゾン点鼻液50μg「MYL」56噴霧用・同112噴霧用発売

続きを読む »


2019年06月06日 (木)

【小野薬品工業】ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、2019年米国臨床腫瘍学会で進行肝細胞がんに対するオプジーボとヤーボイの併用療法の結果を初めて発表
【ヤンセン ファーマ】アーリーダ(R)(アパルタミド)が転移性去勢感受性前立腺癌(mCSPC)患者の全生存期間(OS)と画像上の無増悪生存期間(rPFS)を有意に延長
【アステラス製薬】アステラス製薬と日本マイクロソフト Mixed Realityを活用した医師と患者さんのコミュニケーション支援ソリューションの開発で連携 ‐2019年後半から、試験的にコンテンツの提供を開始‐

続きを読む »


2019年05月31日 (金)

【アステラス製薬】FLT3阻害剤XOSPATA(R)(ギルテリチニブ)米国FDAが全生存期間延長データの追加に関する添付文書の改訂を承認
【カイゲンファーマ】内視鏡治療用の医療機器 リフタルKとリフテインニードルを販売開始
【ヤンセン ファーマ】転移性去勢感受性前立腺癌に対する『アーリーダ(R)』の適応追加承認を申請

続きを読む »


2019年05月27日 (月)

 ヤンセンファーマは、30日に前立腺癌治療薬「アーリーダ錠60mg」(一般名:アパルタミド)を新発売する。ヤンセンは、1月に日本新薬と共同販促契約を締結しており、両社で情報提供活動を進める。  アーリー

続きを読む »


2019年05月27日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
新会長に渡辺氏 薬卸連:P2 全薬局を「地域連携」に 日薬・乾副会長:P3 中計目標「やや及ばず」 ココカラファイン:P6 他社連携で創薬加速 あすか製薬:P7

続きを読む »


2019年05月22日 (水)

【小野薬品工業】アレイ バイオファーマ社、BRAFV600E遺伝子変異陽性の転移性大腸がんを対象とした第III相 BEACON CRC 試験の中間解析においてBRAFTOVI、MEKTOVIおよびCetuximabの併用療法が主要評価項目である奏効率および全生存期間を達成したことを発表
【中外製薬】中外ライフサイエンスパーク横浜の設立ならびに研究拠点の再編についてのお知らせ ‐グローバルで最高品質の革新的新薬の創出をめざして‐
【ロート製薬】~損傷すると回復が困難な、目の網膜組織の保護に関する研究結果~ 熱帯フルーツのグァバ等に含まれる「アピゲニン」が網膜炎症に関与するマイクログリアの活性化を抑制する新たなメカニズムを発見

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報