医薬食品局”を含む記事一覧

2015年4月13日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
APAC会合が東京で開かれる:P2 薬局でのHbA1c測定 有用性示す:P3 主要医薬品卸 入社式:P7 企画〈スキンケア〉:P4~5

続きを読む »


2015年4月8日 (水)

医薬食品局  総務課長補佐本間敏孝、総務課長補佐総務課総務係長専併上木義博、総務課医薬情報室薬事情報専門官総務課長補佐専併石川真樹、審査管理課長補佐浅見圭介、審査管理課長補佐井原正裕、審査管理課長補佐審査管

続きを読む »


2015年4月8日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
インフル薬備蓄の新指針検討へ:P2 薬局の在宅医療 NPhA調査:P3 EPSとコニカミノルタが提携:P7 企画〈新生活スタート〉:P4~5

続きを読む »


2015年4月1日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
2月のDgs販売額は約3800億円:P2 会長候補に石垣氏 都薬:P3 薬学会年会ハイライト:P4~5 CRO事業を本格化 インヴェンティヴ:P7

続きを読む »


2015年3月18日 (水)

 日本薬剤師会は14日、都内で今年度の「地域・在宅医療、薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業等担当者全国会議」を開いた。公表が待たれていた日薬版「薬局・薬剤師のための検体測定室の適正な運用の手引き」の詳

続きを読む »


2015年3月13日 (金)

 厚生労働省医薬食品局=2016年度の医薬分業指導者協議会を23日、同省内講堂で開く。今回は特に「地域に密着したかかりつけ薬局・薬剤師の推進」を大きなテーマとし、健康情報拠点としての薬局のあり方や、地域で取り組んでい

続きを読む »


2015年3月13日 (金)

きょうの紙面(本号28ページ)
大学院生支援を開始 薬学会:P2 薬歴管理指導を強化 大阪府薬:P3 国内売上8位に浮上 AZ日本法人:P28 企画〈スズケン〉:P4~26

続きを読む »


2015年2月27日 (金)

 厚生労働省医薬食品局の森和彦審査管理課長は25日、全国薬務関係主管課長会議で、新たに創設予定の「先駆け審査指定制度」の概略を3月にも公表し、今夏に向けて実施する方向で準備を進めていることを報告した。同制度は

続きを読む »


2015年2月27日 (金)

 厚生労働省の神田裕二医薬食品局長は24日、全国厚生労働関係部局長会議で、大手ドラッグストアで相次いだ薬歴未記載問題に言及。「薬局薬剤師の信頼を失墜するものであり、誠に遺憾」と述べた。薬局の薬剤師配置は、毎年

続きを読む »


2015年2月27日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
先駆け審査制度 3月に概略:P2 日薬版電子お薬手帳開発へ:P3 トルコ企業を買収 武田薬品:P7 企画〈医薬人材サービス〉:P3~5

続きを読む »


2015年2月23日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医と産業の連携 医学会総会:P2 都薬が在宅医療等で連絡会:P3 クインタイルズと協力 アストラゼネカ:P7 企画〈治療薬〉:P4~6

続きを読む »


2015年2月6日 (金)

 厚生労働省医薬食品局安全対策課は4日、グラクソ・スミスクライン(GSK)の抗てんかん薬、双極性障害治療薬「ラミクタール錠小児用2mg、同錠小児用5mg、同錠25mg、同錠100mg」(一般名:ラモトリギン)を過量投

続きを読む »


2015年2月6日 (金)

 厚生労働省は、医薬食品局の2015年度予算案に「薬局・薬剤師を活用した健康情報拠点推進事業」の継続実施(2億3200万円)を盛り込み、このうち、新規で薬局・薬剤師を活用した健康ナビステーション(仮称)の基準作りを検

続きを読む »


2015年2月6日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
ラミクタールにブルーレター:P2 薬濫防止条例を施行 京都府:P3 ラツーダ特許切れに対応 大日本住友:P7 企画〈生活習慣病〉:P4~5

続きを読む »


2015年2月4日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
週1回投与DPP-4阻害剤了承:P2 在宅支援システム試行 京都府薬:P3 ジーラスタの新市場開拓へ:P7 企画〈花粉症〉:P4~6

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録