日本医学会”を含む記事一覧

2015年02月23日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医と産業の連携 医学会総会:P2 都薬が在宅医療等で連絡会:P3 クインタイルズと協力 アストラゼネカ:P7 企画〈治療薬〉:P4~6

続きを読む »


2015年02月20日 (金)

 日本製薬団体連合会・日本製薬工業協会=3月28日~4月5日まで、神戸市の神戸国際展示場で開かれる第29回日本医学会総会2015関西の一般公開展示に、「みらいくすり館」を共催して出展する。  同ブースでは、一般

続きを読む »


2015年02月20日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
24日に新薬14成分 薬価収載:P2 JPALSの現状 日薬が報告:P3 相談薬局制度導入へ 神奈川県薬:P3 サベイサの大型化期待 第一三共:P7

続きを読む »


2014年12月15日 (月)

 日本医学会=特別公開フォーラム(第29回日本医学会総会2015関西プレイベント)「いのちを考える」を来年2月7日午後1時から、京都市の京都劇場で開く。  同総会会頭の井村裕夫先端医療振興財団理事長が序論「みん

続きを読む »


2014年12月15日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
HPVワクチンの支援強化 日医/医学会:P2 薬局の外国人対応を調査:P3 臨床薬理学会トピックス:P4 登販者の教育が重要 日登協:P6

続きを読む »


2014年12月08日 (月)

 日本医師会と日本医学会=合同シンポジウム「子宮頸がんワクチンについて考える」を10日午後1時から、東京本駒込の日本医師会館大講堂で開く。HPVワクチンの有効性の最新知見や、厚生労働省の副反応検討部会等での検討状況な

続きを読む »


2014年12月08日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医療分野の番号活用を提言:P2 北里大薬学部50周年で懇親会:P3 近畿市場シェア拡大へ ケーエスケー:P7 企画〈咳とのどの薬〉:P4~6

続きを読む »


2014年10月20日 (月)

 ◇第146回日本医学会シンポジウム=「がんの非侵襲的診断法の最前線」をテーマに12月8日午後1時から、東京・本駒込の日本医師会館で開く。  「新規腫瘍マーカー」では成松久氏(産業技術総合研究所)が糖鎖解析によ

続きを読む »


2014年10月20日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
現金給付に慎重論 医療保険部会:P2 改訂コアカリめぐって意見交換:P3 創薬研究候補を探索 バイエル・京大:P7 企画〈痔の薬〉:P4~5

続きを読む »


2014年10月09日 (木)

役員16人体制でスタート  臨床研究・治験のインフラを全世界で共有し、標準化を目指す米非営利団体の日本支部「一般社団法人日本エイカーズ」は3日、理事会を開き、正式に発足した。理事長には日本医学会会長の高

続きを読む »


2014年09月08日 (月)

 日本医学会=第146回シンポジウム「がんの非侵襲的診断法の最前線」を12月18日午後1時から、東京駒込の日本医師会館大講堂で開き、次の各氏の講演を予定している。  「新規腫瘍マーカー」については▽糖鎖解析によ

続きを読む »


2014年09月08日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
8件の新薬等を了承 医薬品第1:P2 概算要求を評価 日薬:P3 OTC薬普及啓発へ イベント開催:P6 抗デングウイルス抗体開発 MBL:P7

続きを読む »


2014年06月27日 (金)

 厚生労働省は25日、臨床研究のあり方に関する論点整理案を「臨床研究にかかる制度のあり方に関する検討会」に示した。法的強制力を持たない倫理指針と法規制のバランスを踏まえた上で、被験者保護や倫理審査委員会の位置づけを議

続きを読む »


2014年05月13日 (火)

 日本医学会は、厚生労働省の検討会で議論が始まった臨床研究の法制化について、慎重な対応を求める高久史麿会長名の声明を発表した。 (さらに…)

続きを読む »


2014年05月12日 (月)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報