HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【クリングルファーマ/慶應大】国内初の脊髄損傷治験‐急性期患者にHGF投与

2014年6月20日 (金)

 クリングルファーマは、慶應義塾大学との共同により、遺伝子組み換え肝細胞増殖因子(HGF)の脊髄損傷急性期患者を対象とした国内第I/II相試験を開始する。今月下旬から国内2カ所の脊髄損傷専門病院で登録を開始し、2016年10月まで実施する予定。脊髄損傷は有効な治療法がなく、年間5000人が罹患する難治性疾患。国内で実施する治験としては初となる。

 HGFは、強い神経保護効果と神経細胞のみならずグリア細胞にも働きかけ、グルタミン酸トランスポーターを発現させ、グルタミン酸毒性を緩和させる。事故などの損傷による組織の1次傷害が、2次傷害を引き起こすのを抑制するため、抗アポトーシスや抗炎症性作用など様々な作用を発揮するのが特徴。既に筋萎縮性側索硬化症(ALS)については、東北大学で第I相試験を実施し、順調に推移している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録