HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【文科省】肺癌ペプチドワクチンなどシーズ17件を追加採択‐橋渡し研究の実用化加速

2014年6月20日 (金)

 文部科学省は17日、2014年度の橋渡し研究加速ネットワークプログラムで7拠点が支援するシーズの追加募集を行った結果、新たに橋渡し研究の強化が必要とされる分野の17件を採択したと発表した。非小細胞肺癌ペプチドワクチンの臨床試験や卵巣癌の分子標的治療薬の開発等が採択された。

 文科省は、12年度から橋渡し研究の支援を行う全国7拠点(北海道臨床開発機構[北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学]、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)の医薬品候補となる物質等のシーズ育成能力を強化し、恒久的な支援拠点の確立を目指す橋渡し研究加速ネットワークプログラムを開始した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録