TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】重大な副作用に角膜混濁‐緑内障薬など添文改訂

2024年06月14日 (金)

 厚生労働省は11日、千寿製薬の緑内障・高眼圧症治療剤「アイラミド配合懸濁性点眼液」(一般名:ブリモニジン酒石酸塩・ブリンゾラミド)など8品目について、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう製造販売業者に指示した。

 千寿製薬の「アイファガン点眼液0.1%」(ブリモニジン酒石酸塩)、「アイベータ配合点眼液」(ブリモニジン酒石酸塩・チモロールマレイン酸塩)、「アイラミド配合懸濁性点眼液」(ブリモニジン酒石酸塩・ブリンゾラミド)、興和の「グラアルファ配合点眼液」(リパスジル塩酸塩水和物・ブリモニジン酒石酸塩)については、「重要な基本的注意」の項目に、角膜混濁に関する注意喚起を追記したほか、「重大な副作用」の項目を新設し、角膜混濁を記載した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術