「タクアス」発売 医学生物学研究所

2009年5月13日 (水)

 医学生物学研究所は、子宮頸癌検査などの液状処理細胞診標本を作製するシステム(試薬・装置)「タクアス」を新発売した。

 新製品は、細胞診標本を作製する固定液やスライドと、高速処理が可能な細胞塗沫装置からなっており、スイスのテカンと共同開発した細胞塗抹装置を使うことで、1時間で約300検体を処理できる。

 5年後の売上は、試薬で7億5000万円、細胞塗抹装置で2億5000万円の計10億円を見込んでいる。納入価格は、固定液とスライドが1検体につき600円、細胞塗抹装置が1250万円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録