TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【フォレストHD 吉村社長】売上総利益10%成長目指す‐3カ年中計でアクセル全開

2024年07月11日 (木)
吉村氏

 フォレストホールディングスの吉村次生社長は、本紙の取材に、2024~26年度の3カ年中期経営計画では「3年で10%の売上総利益の成長を図る」と明らかにした。「前中計がコロナ禍でブレーキを踏み続けた3年だった。コロナも明け、今後はアクセル全開の成長戦略として展開していく」と述べ、成長を加速する姿勢を鮮明にした。ケアネットとの合弁事業「クラックス」では、今後の需要を見込み、日本に自販体制のない新興バイオ企業も対象に支援事業を行う考えを示した。

 新中計のタイトルは「Eureka!(ユリーカ!)」と名付けた。「ユリーカ」は古代ギリシャの科学者アルキメデスが風呂の中で新原理を発見した時に叫んだ言葉で、「わかった」「できた」という意味。その新中計のテーマには▽成長戦略:医療を深く、健康に広く▽インフレ対策:生産性革命と評価・報酬革命▽人的資本:社員エンゲージメント確立――を打ち出した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

同じカテゴリーの新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
HEADLINE NEWS
ヘルスデーニュース‐FDA関連‐
新薬・新製品情報
人事・組織
無季言
社説
企画
訃報
寄稿
新着記事
年月別 全記事一覧
アカウント・RSS
RSSRSS
お知らせ
薬学生向け情報
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
製品・サービス等
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術