消化管造影剤「ボースデル内用液10」を発売 明治乳業、協和発酵

2006年10月4日 (水)

【明治乳業が製造、協和発酵が販売】

 明治乳業が製造し、協和発酵が販売するMRI用消化管造影剤「ボースデル内用液10」(一般名:塩化マンガン四水和物)が9月25日から発売された。ボースデルは「磁気共鳴胆道膵管撮影における消化管陰性造影」の効能効果を有する国内初の造影剤となるという。従来の診断と比べ、胆道・膵管の画像が明確に表示できるため、診断能力の向上が期待できる。

 同剤は、磁気共鳴コンピュータ断層撮影(MRI)による胆道、膵管の撮影を目的とした経口消化管造影剤。液剤のため溶解する必要がないことも特徴。

 磁気共鳴胆道膵管撮影(MRCP)は、体内の水分の存在状態の違いを捉えて臓器を画像化するMRI検査の一つで、水分のあるところが白く造影される。胆道、膵管の全体像把握、病変の有無の診断、術後の経過観察などで実施される。

 薬価は250mL、1311・40円。協和は売り上げ目標として初年度4000万円、3年後のピーク時には2億1000万円を見込む。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録