HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵】コエンザイムQ10の製造設備新設

2006年5月8日 (月)

 協和発酵は、サプリメントなどで需要が高まっているコエンザイムQ10の製造設備を山口の防府工場に新設し、2006年度下期にも生産を開始することになった。同社得意の発酵技術を製法に用い、生産量は50t。現在他社から仕入れて原料を関係メーカーに販売しているが、米国市場を中心としたQ10の市場の拡大を見込み、自社製造に切り替えることで、品質と共にコストも抑えてQ10市場での競争力を高めたい考えだ。

 設備への投資額は20億円で、06年度上期には完成する見込み。100tの生産量増強を視野に入れて整備している。同社は1986年まで自社製造しており、今回は「自社製造の再開」と位置づける。そのため販路、顧客には目処がついているという。

 同社によると、Q10の世界市場規模は、米国市場を中心に05年150tから09年には450tにまで拡大。最終的には20%以上のシェアの獲得を目指す。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録