HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

割増徴収分の返還決める‐FAX問題に広島市薬が対応

2006年11月20日 (月)

 日本薬剤師会の石井甲一専務理事は16日の会見で、FAX分業に絡む費用問題などの経過報告を説明。広島市薬剤師会が非会員から3倍のFAX送信料を徴収していた問題に対し、割増分の返金を決定したことを明らかにした。割増料金を設定した理由について市薬会長は、「組織強化が目的だった」と説明しているという。FAX分業について日薬は、縮小を前提として都道府県に通知を出しているが、縮小に向けた具体的な施策などに関しては、「運用に不透明な部分があれば改善が必要だが、どのように調査をするかなども含め、まだ日薬として統一見解を出す時期ではない」とコメントするにとどめた。

 石井氏は、広島市薬が非会員にFAX送信料の割り増しを求め、一部の非会員から非難の声が上がっていた点について、その後の状況を報告したもの。同市薬では7月から、処方せんのFAX送信にかかる費用として、会員160円のところを、非会員からは3倍の480円を徴収していた。

 石井氏は広島県の会合に出席した折に市薬会長と面談し、事情を聴取した。それによると、今年6月から新たに就任した市薬会長は、会員に対するメリットを高め、組織力を強化する目的で差別化を図ったと理由を説明。「嫌がらせというつもりは全くなく、多くの人に会員になって欲しいと考え、会員であることのメリットを示そうとした結果」だと話したという。

 しかし、その後に市薬理事会等で議論した結果、格差の縮小を決議した。7月以降、非会員から徴収してきたFAX料金の差額分については、返金することを決定した。

 FAX問題について石井氏は、「FAXという機能を用いること自体は、地域事情や在宅推進という観点から、全面的に反対とはいえない。しかし、いずれは縮小していくという前提の中で、運用に不透明な部分があるなら、改善しなければいけない」と述べた上で、日薬としての統一見解を明らかにするには、さらに時間が必要との態度を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録