HOME > 無季言 ∨ 

よりよい医療体制構築に向けた論議を

2009年11月30日 (月)

◆診療報酬改定論議が山場を迎える中、25日に民主党の「医薬品適正使用推進議員連盟」が、日本ジェネリック医薬品学会と勉強会を開いた。参加議員らは後発品を使うことに議論の余地なし、との認識を共有したようだ。さらに、26日には医療費の大幅拡大を目指し「適切な医療費を考える民主党議員連盟」が発足している
◆政治主導で施策を進めるとして政権与党の座についた民主党は、政権交代を機に政調部門会議を廃止。各府省副大臣の下に政策会議を設置したものの、閣僚を除いた議員が自発的に医療政策を議論する場、公に主張を展開する場がなかった
◆限られた議員のみが活躍の場を与えられ、新たな政権運営の“光”に対する“影”の動きが、山場に向け一気に表面化した印象だ。今後、政策会議の場などで考え方が示されよう
◆人事に手が入ったとはいえ、社会保障審議会の医療部会・医療保険部会、中央社会保険医療協議会は、その役割に変更はない。責務は従来通り。今後も専門家の立場から、現実を見つめ、将来のよりよい医療体制構築に向けた論議を続けてもらいたい。もちろん、国民目線の意識をもって。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録