H1N1検出用研究試薬「Flu-Sw AH1pdm」 大塚製薬

2009年12月02日 (水)

 大塚製薬は、研究者向けに新型インフルエンザウイルス(H1N1)検出用研究試薬「Flu-Sw AH1pdm」を新発売した。

 発売した試薬は、非対称RT‐PCR法とラテラルフロー法を測定原理とした新型インフルエンザウイルス検出用研究試薬。試料によって抽出されたウイルスRNAを、非対称RT‐PCR法を用いて増幅し、増幅した遺伝子を測定試料として、テストデバイスに滴下することで、新型インフルエンザウイルスを特異的に検出する。

 目視で簡単に判定できるのが特徴で、遺伝子増幅の可能な装置があれば、他の専用装置を必要とすることなく、ウイルスの検出が可能となる。 税別希望納入価格は、1箱25テスト分6万7000円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報