食後過血糖改善薬「セイブル」を発売 三和化学研究所

2006年1月20日 (金)

 三和化学研究所は11日から、食後過血糖改善薬「セイブル」(一般名ミグリトール)を発売した。規格は25mg、50mg、75mgの3種類で、薬価はそれぞれ1錠当たり32・6円、57・6円、80・3円。情報提供活動は大日本住友製薬と共同で行う。

セイブル

 成人には1回50mgを、1日3回毎食直前に服用する。効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を75mgまで増量することができる。

 「セイブル」はα‐グルコシダーゼ阻害薬で、小腸上部に存在する二糖類水解酵素(α‐グルコシダーゼ)を競合的に阻害することで糖質の消化・吸収を遅延させ、食後高血糖の上昇を抑制する。同剤自体も小腸で吸収されることから、未消化の糖質は小腸下部で緩やかに吸収され、血糖値の上昇も緩やかになる。

 重篤な副作用としては、他の糖尿病治療薬との併用で、低血糖症状が報告されている。従来の薬剤と比べ、大腸へ到達する糖質量が減少するため、腹部膨満や鼓腸などの消化器症状が少ない。

 今年度中(2006年3月末)に売上高3億円を見込み、6年後以降のピーク時には、α‐グルコシダーゼ阻害薬の市場の30%とされる160億円を目指す。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録