日本初の避妊ゼリーつきコンドームを2月に発売 オカモト

2006年1月20日 (金)

避妊ゼリーつきコンドーム「エポカ」
避妊ゼリーつきコンドーム「エポカ」

 オカモトは、コンドームに精子の運動を停止させるゼリーを塗布するという新たな方法を採用した新製品「epoca(エポカ)」を、2月1日から全国の薬局・薬店、ドラッグストア、コンビニエンスストア等を通じて新発売する。避妊ゼリーつきコンドームとして厚生労働省の承認(医療機器製造販売承認)を得たのは日本で初めて。同社では今後、より確実な避妊効果が期待できる「エポカ」の特徴を前面に打ち出し、小売店頭を含めた積極的な販促活動を展開する予定。販売目標は1年目に10万グロス、金額で10億円とする。


 膣内への精子の侵入を防ぐコンドームだが、オカモトではさらにより確実に精子の侵入を防ぎ、精子の活動を停止させるべく、1989年から研究開発に着手した。海外で普及しているコンドームの外側に避妊ゼリーをつけた製品に対し、コンドームの内側(先端部、男性側)に避妊ゼリーを塗布したのが特徴。02年に厚労省に申請、昨年承認を得た。

 避妊ゼリーの主成分であるメンフェゴールは天然物由来のテルペン油から作られた物質で、エーザイが開発・販売している避妊用膣薬「ネオサンプーンループ錠」に使用されている。同品はこれまで国際援助機関を通じて世界150カ国以上での使用実績があり、エーザイが同成分の提供と研究開発に協力した。

 新製品のネーミング「エポカ」は、イタリア語及びスペイン語で『新世紀』を意味し、さらに進化したコンドームの誕生を位置づけた。コンドームの色はナチュラルカラーで、税込み希望小売価格は1箱(12個入り)2100円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録