パーキンソン病治療薬「レキップ錠」発売 グラクソ・スミスクライン

2006年12月15日 (金)

 グラクソ・スミスクラインは、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」(一般名:ロピニロール塩酸塩)を発売した。「レキップ錠」はドパミンD2受容体系に選択的に作用する非麦角系ドパミン受容体作動薬。薬価は0・25mgが59・50円、1mgが205・80円、2mgが382・70円。

 用法・用量は通常、1回0・25mgを1日3回から開始し、1週ごとに1日量として0・75mgずつ増やし、4週目に1日量を3mgとする。1日量15mgを超えないようにする。

 「レキップ錠」は日常生活動作の改善効果が高いことが報告されており、早期に用いることでL‐ドーパ製剤を数年使用している患者でよく見られるジスキネジーのような運動合併症の発症を遅らせたり、減少させることが可能とされている。

 使用上の注意としては他の非麦角系と同様に、「前兆のない突発的睡眠及び傾眠等が見られることがある」として警告欄に明記された。

 同剤は1996年に英国で承認を受け、欧米など60カ国以上で既に承認されている。2005年度の世界売上高は1億5600万ポンド。

 日本での予測売上高は、ピーク時の10年目で109億円を見込む。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録