「眼精疲労」に向けて内服薬と点眼剤発売 塩野義製薬

2010年3月15日 (月)

yakuji_photo

yakuji_photo

 塩野義製薬は、眼精疲労の諸症状を緩和する、ビタミンB1主薬製剤「ポポンピュメリ錠VB」と、点眼剤「ポポンピュメリ目薬R」を新発売した。塩野義製薬が目薬を販売するのは今回が初めて。

 ポポンピュメリ錠VBは、吸収のよいビタミンB1誘導体「ジセチアミン塩酸塩水和物」を主薬とし、パソコン作業などによる眼精疲労と、それに伴う肩こりなどの諸症状を緩和する。

 ポポンピュメリ目薬Rは、ビタミンB12、B6などを有効成分とした点眼剤で、目の疲れや結膜充血などの症状を緩和する。

 同社では、今回のポポンシリーズ2製品の販売により、ポポンブランドのさらなる強化を図る。

 税込みメーカー希望小売価は、ポポンピュメリ錠VBが14錠980円、ポポンピュメリ目薬Rが15mL840円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録