HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省高度医療評価会議】bFGFによる血管新生を高度医療に追加

2010年4月14日 (水)

 厚生労働省の高度医療評価会議は、下肢末梢性血管疾患に対する生体内吸収性高分子担体と塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)を用いた血管新生療法を、新たな高度医療として了承した。また、昨年7月の会合で、プロトコールの調整などが指摘されていた、進行食道癌に対するペプチドワクチン療法の再評価を行い、条件付きで高度医療として認めることとなった。

 血管新生療法は、京都大学病院が申請した技術で、未承認のトラフェルミン徐放化ゼラチンハイドロゲルを使用する。閉塞性動脈硬化症やバージャー病による重症下肢虚血患者10人に、bFGF徐放化ゼラチンハイドロゲル200μgを腰椎麻酔下で、虚血下肢へ40カ所の筋肉内投与を行う。

 進行性食道癌に対するペプチドワクチン療法は、山梨大学病院が申請した技術で、未承認の腫瘍関連抗原エピトーペプチドを皮下に注射する。有効性・安全性の評価やモニタリングの方法を修正することが、正式に高度医療とするための条件として付された。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録