OD錠試験装置発売‐崩壊時間を客観測定 ニプロ

2010年6月18日 (金)

yakuji_photo
「トリコープテスタ」

 ニプロは、口腔内崩壊(OD)錠の崩壊時間を客観的に測定する装置「トリコープテスタ」を、岐阜薬科大学、岡田精工と共同で開発した。今月下旬から各製薬会社や試験受託会社などへの販売を開始する。

 この装置は、2枚の金網で挟んだOD錠の上から人工唾液を滴下し、OD錠が崩壊して2枚の金網が接するまでの時間を測定するもの。

 高い再現性で、崩壊時間を客観的に測定でき、ヒトによる官能試験と高い相関性を示すという。

 OD錠は、既存錠剤のライフサイクルマネジメントの一環として、各製薬会社において製剤化研究が活発に行われているが、崩壊時間を測定する標準的な試験方法が設定されていないことが、課題となっていた。

 ニプロは、OD錠の開発、製造の受託を手がけており、既に受託の実績がある。こうした受託事業の一環としてもこの装置を活用する予定だ。 参考価格は1台約290万円。初年度は20台の販売を見込んでいる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録