抗癌剤など3製品発売‐販売額で100億円見込む 武田薬品

2010年6月18日 (金)

yakuji_photo
2型糖尿病治療薬「ネシーナ錠」
yakuji_photo
高血圧症治療剤「ユニシア配合錠」
yakuji_photo
抗癌剤「ベクティビックス点滴静注」

 武田薬品は、2型糖尿病治療薬「ネシーナ錠」(一般名:アログリプチン安息香酸塩)、高血圧症治療剤「ユニシア配合錠」(一般名:カンデサルタン/アムロジピンベシル酸塩)、抗癌剤「ベクティビックス点滴静注」(一般名:パニツムマブ)の3剤を新発売した。今年度、3製品を合計した販売額で100億円程度を見込んでいる。

 「ネシーナ錠6・25mg、同12・5mg、同25mg」は、武田サンディエゴが創製した1日1回投与のDPP‐4阻害剤。DPP‐4に対する選択性が高く、単剤・α‐グルコシダーゼ阻害剤との併用で投与される。

 薬価は、6・25mg1錠が60・20円、12・5mg1錠が112・20円、25mg錠が209・40円。

 「ユニシア配合錠LD、同HD」は、アンジオテンシンII受容体拮抗剤「ブロプレス」とアムロジピンベシル酸塩を配合した高血圧症治療薬。今回、1剤にカンデサルタン8mgとアムロジピン2・5mgを含有した「LD」と、カンデサルタン8mgとアムロジピン5mgを含有した「HD」の2剤を発売する。

 薬価は、LD、HDとも1錠150・30円。

 「ベクティビックス点滴静注100mg」は、米アムジェンが創製し、武田薬品の子会社「武田バイオ開発センター」が国内開発したヒト型抗EGFRモノクローナル抗体。KRAS野生型の進行・再発の結腸・直腸癌を適応に投与される。

 用法・用量は2週間に1回、パニツムマブとして1回6mg/kg(体重)を60分以上かけて点滴静注する。

 薬価は、7万5567円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録