HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富山化学】国内で鳥インフルエンザ治療薬の治験に着手

2007年1月26日 (金)

 富山化学は24日、抗インフルエンザウイルス剤のT-705を国内で臨床試験に着手した。パンデミックが懸念されているH5N1型トリインフルエンザウイルスに対する治療薬として期待されている。

 H5N1型トリインフルエンザウイルスに対する治療法が確立されていないうえ、耐性の発現も懸念されていた。T-705は、現在のインフルエンザ治療に用いられているノイラミニダーゼ阻害剤とは異なり、インフルエンザウイルスの増殖に必要なRNAポリメラーゼの働きを阻害する新しい作用を持つ。

 非臨床試験では、マウスのトリインフルエンザウイルス感染モデルに対して、既存のインフルエンザ治療剤に比べ、高い治療効果を示したという。

 2月には米国でも臨床試験を開始する計画だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録