HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬】米に開発・販売戦略拠点を設立‐海外事業を強化

2007年1月26日 (金)

 大塚製薬は1月、国際戦略品の開発、販売などの企画立案を行う「大塚ファーマシューティカルD&C」(OPDC)を米国に設立し、課題となっている海外事業の強化に乗り出した。

 OPDCは、米国にある大塚の販売会社の国際開発・マーケティング部門と、大塚の米国の医薬品開発会社を統合して、1日にニュージャージー州に設立した。

 新社は、分散していた機能を集約し、大塚が有する化合物の欧米を中心として開発初期段階からの戦略、臨床開発、薬事、マーケティング、ライフサイクルマネジメントなどの企画立案を行う。大塚は「循環器、消化器、呼吸器、中枢、癌、さらに眼科領域で質の高い臨床試験を行い、国際戦略品の開発と販売立案の基盤を築く」としている。

 24日、ODPCの小林氏は、「国際規模での協力で効果的なビジネス機会を創造していく」と抱負。大塚製薬の樋口達夫社長は、「より効率的な国際戦略製品の開発を加速することができる」としている。

 新社は、米国現地法人「大塚アメリカ」の子会社で、資本金は100万ドル、小林和道氏が会長兼CEOに就任、194人の従業員からなる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録