HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【政府インターネットテレビ】新番組「お薬代が安くなる?!ジェネリック医薬品」を配信

2010年12月14日 (火)

 政府インターネットテレビは、新番組として「お薬代が安くなる?!ジェネリック医薬品」を配信している。

 番組では、後発品は開発費が軽減されるために安く、先発品と添加剤や剤形が異なるものの、安全性や有効性は同等で、厳しい品質管理の下で製造されていることを説明。

 後発品を使いたい場合には、医師や薬剤師に変更が可能かを尋ねればいいことや、処方せんを薬局の窓口に出す際に「ジェネリック医薬品でお願いします」と伝えたり、健保組合、協会けんぽ、市町村が配布している「お願いカード」を提示するなど、具体的な意思表示の方法も紹介している。

 また、新薬は“新たな治療のための薬”、後発品は“患者の自己負担を軽減する薬”とし、「患者さんが医師や薬剤師と相談しながらお薬を選択していく。そんな時代がやってきた」と解説している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録