HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NDM-1産生耐性菌】肺炎桿菌から2例検出

2011年1月24日 (月)

 厚生労働省は、昨年9月から年末まで実施した、新たな多剤耐性菌の実態調査に関する調査結果を取りまとめた。NDM‐1産生型の多剤耐性肺炎桿菌が2例見つかった。同菌の国内報告は合計3例となる。

 実態調査は、医療機関が通常診療の中で確認した、腸内細菌科の多剤耐性菌の検体を、国立感染症研究所が解析する方式で行った。

 感染研が受け入れた計153株の耐性遺伝子は、IMP‐1型メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生型が72株、KPC型カルバペネマーゼ産生型が2株、NDM‐1型メタロ‐β‐ラクタマーゼ産生型が2株で、残り77株はIMP‐2型やVIM‐2型を含む5種類の耐性遺伝子が全て陰性だった。

 NDM‐1型は、11月の途中集計の段階では1株だったが、その後、埼玉県内の医療機関に、消化管出血の治療で入院した80代の女性患者で新たに見つかった。

 この症例は、最近の海外渡航歴がなく、症状が軽快して10月下旬に退院した後に、別の疾患で死亡している。12月下旬に連絡を受けて感染研で分析し、今月21日に結果が確定した。同じ病院に入院する他の患者からは、同様の多剤耐性肺炎桿菌は検出されていないという。

 また、KPC型の2株は、大阪府の医療機関に入院中の40代の男性から検出した同一患者の菌株で、11月時点で明らかになっていた。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録