HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【電力使用制限】医療施設、製薬・卸は削減率0%

2011年5月27日 (金)

 経済産業省は25日、東京電力・東北電力管内における今夏の電力使用制限について、医療施設、福祉施設、医薬品・医療機器のメーカー、卸など、「生命・身体の安全確保に不可欠な需要設備」は、「削減率0%」にすることを決めた。

 今夏の電力使用制限では、東京・東北電力管内の大口需要家に対して、昨年夏の使用最大電力値から、原則として一律「15%削減」することにしているが、医療施設など公共性の高い分野に例外を設けた。

 制限されるのは、東京電力が7月1日~9月22日、東北電力が7月1日~9月9日で、平日9時から20時が対象になる。

 緩和の適用を受けるには、14日前までに東北経済産業局か関東経済産業局に申請が必要になる。削減率0%の場合、基準となる昨夏の実績値まで使用できる。

 医療施設が救急患者の治療を行う場合などは、治療中は制限の「適用除外」となり、使用制限がかからない。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録