HOME > 無季言 ∨ 

薬学生に担当患者を持たせるか

2011年7月8日 (金)

◆病院で薬学生に体験してもらう実務実習の内容が、各病院によって少し異なるという話を何度か耳にした。教えるべき項目は定められているのだから、そこに大幅なズレはないと考えられる。違うのは各項目の濃淡で、そこに病院薬剤部の姿勢が現れてくるのだろう
◆最も大きな違いは、薬学生に担当患者を持たせるかどうかということ。実際に患者を受け持った薬学生は、現場の薬剤師のフォローを受けながら、ベッドサイドに足を運んで患者と向き合い、どうすればもっと良い医療を提供できるのか、自分なりに必死に考えるそうだ
◆この過程を通じて薬学生は、医療人や薬剤師として果たすべき役割を、身をもって学び取ることができる。これは、患者が目の前にいる医療現場ならではの教育の仕方であり、大学では教えにくい内容だ
◆もっとも、薬学生に患者を受け持ってもらうためには、その病院の薬剤師が病棟で十分な業務を行っている必要がある。こうした環境を各病院で整備し、未来の薬剤師の育成に取り組んでほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録