【新製品】キハダで黒ビールの苦味‐新感覚の清涼飲料発売 長野県製薬

2011年7月13日 (水)

 家庭薬製造販売メーカーの長野県製薬は、地ビール製造販売メーカーの南信州ビールと共同で、黒ビールの風味を再現した新感覚の清涼飲料「百草ノンアルコールBITTER NATURER i c h(ビターネイチャーリッチ)」を開発し、発売した。業界で初めて、キハダ(ミカン科キハダ属の落葉高木)で黒ビールの苦味を再現した。初年度の販売本数は2万本。

 長野県製薬では、キハダから抽出される成分を使った胃腸薬「御岳百草丸」を販売している。その製造課程で使われるキハダを有効活用できないかと、昨年5月から研究を進め、長野県地域資源製品開発センターの支援を受けて商品化を実現した。

 新製品は、木曽山系の天然水を使用した業界初の黒ビール味のノンアルコールビールで、ローストモルトの風味、キハダの苦味、アロマポップの香りを一つにした。5種類のモルトと3種類のホップをベースにスッキリとした黒ビール風味とし、アルコール度数は0・00%。また、「御岳百草丸」は長野県に約230年の歴史を持ち、多くの県民に馴染みの家庭薬であることから、新製品のパッケージにも「御岳百草丸」の文字を採用した。

 税込み価格は、1本(330mL)330円。販売は、長野県製薬オンラインショップ(http://hyakuso.yl.shopserve.jp/)、長野県製薬直営店、長野県木曽郡の「道の駅」で、順次、長野県内の商店などに拡大する予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録