HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共・木伏医薬営業本部長】抗凝固薬「リクシアナ」をVTE予防の標準薬に‐シェア50%獲得目指す

2011年7月20日 (水)

木伏良一常務執行役員

 第一三共の木伏良一常務執行役員医薬営業本部長は19日、国内初となる経口抗Xa阻害剤「リクシアナ」の新発売を受け、都内で記者会見し、「下肢整形外科手術後の静脈血栓塞栓症(VTE)を予防する標準薬に位置づけ、情報提供活動を進めていきたい」と、販売方針を語った。その上で、「リクシアナの安全性を早期に確立し、下肢整形外科手術後のVTE予防領域で、50%のシェア獲得を目指していきたい」との目標を打ち出した。

 リクシアナは、同社が創製し、グローバルで大型化を見込む経口抗Xa阻害剤。下肢整形外科手術後のVTE発症抑制を効能・効果に、国内で先行発売した。これまで整形外科領域で培ってきた実績を武器に、リクシアナを下肢整形外科手術におけるVTE予防の標準薬と位置づけ、情報提供活動を進める。

 木伏氏は、VTE予防を適応とする既存のXa阻害剤に比べ、1日薬価が約3分の1に抑えられるメリットを説明した上で、リクシアナの適正使用を推進していく考えを表明。将来的には、下肢整形外科手術後のVTE予防領域で、50%のシェア獲得を目指す方針を明らかにした。

 既にリクシアナは、心房細動(AF)患者の脳卒中予防の適応でも国内第III相試験段階にあり、来年にも承認申請の準備に入る予定。木伏氏は、「心臓領域の効能追加にも対応できるようにしたい」と述べ、まずはVTE予防の領域で実績を作り、患者数が多いAF適応に向けて、営業体制を構築していく考えを示した。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録