【新製品】主力の胃腸薬「御岳百草丸」、8月からベトナムで販売開始 長野県製薬

2011年7月29日 (金)

ベトナムで販売する「百草丸」(500粒入り)
ベトナムで販売する「百草丸」(500粒入り)

 長野県製薬(長野県木曽郡)は、主力商品である胃腸薬「御岳百草丸」の500粒入りを、ベトナムの医薬品卸会社「VNPファーマシューティカル」を通じ、8月1日からベトナム国内で順次販売を開始する。同社として海外での販売は、今回が初めてとなる。

 「御岳百草丸」(第2類医薬品)は、オウバクエキス、コウボク、ゲンノショウコ、ビャクジュツ、センブリを主成分とする、健胃生薬からなる苦味健胃薬で、胃腸の機能を高め、胃弱、消化不良、食欲不振、胸やけ、飲みすぎなどを改善する。直径約4mmの小さな粒なので、のみやすい。

 同社はこれまで、市場成長性が期待できるアジア諸国で、事業展開の準備を進めてきた。その中で、特にベトナムへの進出を決めたのは、医薬業界の市場成長性が非常に高いことが大きな理由の一つ。また、現地の植物を原料とする“南薬”という独自の生薬が、国民の生活に深く浸透していることもあって、百草丸に対しての市場ニーズがあると判断した。

 商品名は「百草丸」(500粒入り)で、販売価格については現地で決定する。販売目標数は今年度に5万個とし、来年度以降は年間10万個を目指す考え。今後は市場の反応によって、商品ラインナップの拡充も検討していくという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録