HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小野薬品】仏セルヴィエ社からイオンチャネル阻害剤導入

2011年9月16日 (金)

 小野薬品は、仏セルヴィエが安定狭心症の適応症で海外で販売し、慢性心不全を対象に欧州医薬品庁に効能追加申請中のイバブラジン(一般名)を日本で独占的に開発・商業化する権利を取得したと発表した。

 同剤は、心臓のペースメーカー機能を担うイオンチャネルの一つであるIfチャネルを選択的に阻害するファーストインクラスの薬剤。

 安定狭心症治療薬として、海外98ヵ国で承認されている。また、2010年には、慢性心不全を対象とした大規模臨床試験「SHIFT study」で、標準的な薬物治療を受けている慢性心不全患者に対する同剤の追加投与によって、予後改善が確認されている。

 イバブラジンは、心臓の収縮機能や血圧に影響を及ぼさずに心拍数を低下させるため、血圧低下などの副作用が少ない薬剤として期待されている。

 ライセンス契約締結に伴い、小野薬品社はセルヴィエ社に対し、契約一時金2000万ユーロを支払うと共に、今後、同剤の開発進捗に応じたマイルストンを支払う。上市後には、売上高目標達成に応じたマイルストンが支払われる。

米国KAI社から副甲状腺治療剤も

 また、KAIファーマシューティカルズが、維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症治療剤として、米国で開発中のカルシウム受容体作動剤(KAI‐4169)について、日本での独占的開発・商業化権も取得した。

 二次性副甲状腺機能亢進症は、慢性腎不全の合併症の一つで、副甲状腺から副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰に分泌されることによって、骨からのリンやカルシウムの血中への流出が促進し、骨痛や関節痛などの症状が引き起こされる。また、骨から溶け出したリンやカルシウムが全身の心血管系に蓄積することで、動脈硬化などの心血管系障害の発症リスクも高まる。

 KAI‐4169は、副甲状腺にあるカルシウム受容体に作用して、PTHの過剰な分泌を抑制し、血中のカルシウム値およびリン値を低下させる作用が期待されている。

 契約に伴い、小野薬品はKAI社に対し、10億円の契約一時金および開発の進捗に応じたマイルストンを支払う。さらに、上市後は売上高の目標達成に応じたマイルストンおよび売上高に応じたロイヤルティを支払う。

 KAI社は現在、米国で人工透析を受けている末期腎不全患者を対象にKAI‐4169の第II相試験を実施中で、11年下半期の終了を目指している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録