HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【11年度第2四半期のエイズ発生状況】新規エイズが過去最多‐潜在的な感染者増加を示唆

2011年9月29日 (木)

 厚生労働省が27日にまとめた、3月28~6月26日までの2011年度第2四半期のエイズ発生状況によると、新規のエイズ患者は136人(男性127人、女性9人)で、四半期ベースのまとめでは過去最多となった。

 厚労省のエイズ動向委員会は、「新規エイズ患者報告数の増加は、潜在的な感染者数の増加とHIV抗体検査の遅れを示唆している」と指摘している。

 新規HIV感染者は217人(男性209人、女性8人)で、前回調査より26人減った。ただ、HIV抗体検査や保健所における相談件数は前年同時期に比べ減少しており、厚労省では早期治療、感染拡大防止のため、HIV抗体検査・相談の積極的な利用を呼びかけている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録