HOME > 無季言 ∨ 

青春のシンボル

2011年10月31日 (月)

◆青春のシンボルとも言われるニキビ。医学的には尋常性ざ瘡という慢性の病気で、顔面に現れると瘢痕が残ることもあり、患者のQOLに深刻な影響を与える疾患といえる。思春期の子どもにとっては、心理面への影響が少なくない
◆きちんと処置をすれば治る皮膚の病気だが、適切な処置が遅れると“後悔先に立たず”になりかねない。日本ではニキビ治療の受診率は欧米に比べて顕著に低く、保険治療が効かない韓国よりも下回っている
◆某メーカーが行った中高生と母親約2000人を対象とする意識調査では、中高生では「病院に行きたいが、お金がかかるので親に言い出しにくい」、母親側は「子どもに任せている」「放っておけば治ると思う」といった声が結構多い
◆ニキビで嫌な思いをした(している)経験や、それによるいじめで不登校になるケースもある。だが、ほとんどの親がそうした子どもの悩みを認識しておらず、親子間の意識で大きな乖離があることが分かった。ニキビ治療には親子間のコミュニケーションも重要となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録