HOME > 人事・組織 ∨ 

抗体医薬創製で新会社‐シンガポールに1月設立 中外製薬

2011年12月19日 (月)

 中外製薬は来年1月、シンガポールに新規抗体医薬の創製を手がける新会社「中外・ファーマボディー・リサーチ」(CPR)を設立すると発表した。

 同社独自の抗体技術を活用し、年5品目以上の開発候補品を作り出していく予定。

 中外は、これまでに1分子の抗体が標的抗原の作用を繰り返し遮断する「リサイクル抗体」技術を確立。これを用いた抗IL‐6受容体抗体「アクテムラ」の次世代品について、国内開発を進めている。さらに、リサイクル抗体技術の改良により、標的抗原を血漿中から除去することを可能にした「スウィーピング抗体」技術も開発中である。

 今回、設立するCPRでは、こうした独自の抗体技術を活用することにより、標的抗原の拡大を目指すと共に、抗体医薬の投与量や投与頻度の低減などを実現させたい考え。

 CPRの資本金は150万シンガポールドル。従業員約60人で発足する。中外が設立するサテライト研究所としては、韓国のC&Cリサーチ・ラボラトリーズ、シンガポールのファーマロジカルズ・リサーチ、東京の未来創薬研究所に続き、4番目となる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

人事・組織 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録