【新製品】「テックバリアMX」を新発売‐二次包装材料として販売 三菱樹脂

2012年2月8日 (水)

 三菱樹脂は、医薬品の二次包装で用いる透明蒸着ハイガスバリアフィルム「テックバリアMX」を新発売した。医薬品の二次包装で普及しているアルミ箔包装材の代替材料として販売し、5年後には30億円の売上を目指す。

 テックバリアMXは、同社が販売する「テックバリア」シリーズの中で、最高水準のバリア性を持つ透明蒸着ハイガスバリアフィルム。プラスチックフィルムの上に、ケイ素の酸化物「シリカ」を真空蒸着させ、水蒸気バリア性と酸素バリア性を付加した。

 テックバリアMXでは、アルミ箔包装材に匹敵するバリア性と、紫外線吸収機能を持たせたことで、従来のテックバリアシリーズよりも内容物の長期保存を可能にしている。また、透明フィルムであるため、分包顆粒薬の飲み残しなどを簡単に確認でき、外包装にRSSコードを貼付する必要もなくなる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録