HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省・たたき台案】費用対効果評価の対象、「著しく高額」などに限定

2012年6月29日 (金)

 厚生労働省は27日、医療技術の費用対効果評価について、制度の基本的考え方(たたき台の案)を中央社会保険医療協議会の専門部へ提示した。対象技術の条件として、▽希少な疾病領域の技術でない▽代替技術が存在する▽代替技術と比べて著しく高額――を挙げたほか、費用対効果評価の結果だけで保険収載や償還価格を判定しないことを明確にした。対象技術の条件については、鈴木邦彦日本医師会常任理事の指摘を受け、安全性と有効性が確立されていることを明示する意向も示した。

 費用対効果をめぐっては、次期診療報酬改定での試行的導入の可能性を探るために専門部会を新設したが、5月の初会合では慎重論が相次いだ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録