HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】9割が違法ドラッグに不安‐「ダメ。ゼッタイ。」認知度は約半数

2012年8月29日 (水)

都がモニター調査

 違法ドラッグに関する都民の関心は高く、9割の人が濫用に対する不安を感じているものの、政府の「ダメ。ゼッタイ。」運動や東京都の条例化をはじめとする各種施策の認知度は、半数程度にとどまることが分かった。相談窓口の有無も6割が知らなかった。根絶のためには法整備や刑罰強化、学校教育での取り組みが望まれていた。都がインターネットで実施した、福祉保健モニター調査結果で明らかになった。

 違法ドラッグに関する関心は「とてもある」(43・0%)、「少しある」(40・7%)を合わせて8割以上を占め、高い関心があることが分かる。どのようなものと認識しているかは「幻覚、興奮などの症状を起こす」(74・2%)、「合法ハーブ、合法ドラッグと称して販売される」(63・8%)、「法で規制されない薬物である」(62・4%)が多く、作用や名称、法規制がないことなどが認知されていた。摂取者による救急搬送などが起きていることについては70・6%が知っていた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録