HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審・医薬品第二部会】5件の新薬等を審議・了承 COPD治療薬など登場

2012年9月10日 (月)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が6日、悪性神経膠腫摘出後の脳内留置用抗癌剤「ギリアデル」など新有効成分含有医薬品4件の承認と、注射用抗菌薬「ゾシン」の効能追加の一変承認を了承した。

 ▽ギリアデル脳内留置用剤7・7mg(ノーベルファーマ):新有効成分のカルムスチンを含有するニトロソウレア系アルキル化剤。数ミリの円形の薄膜状で、最大8枚まで使って悪性神経膠腫の手術切除面を覆う。正常細胞に浸潤した残存腫瘍細胞に高濃度で曝露させることで抗腫瘍作用を示す。基材は加水分解で溶ける。投与経路が異なるもののの、類薬にはテモゾロミドがある。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録