HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【血漿蛋白製剤協会】ブルトCEO「血漿分画製剤の国内自給、臨床ニーズに基づく議論を」

2012年9月13日 (木)

原料は複数供給源が必要

 血漿分画製剤の製造メーカーで構成する血漿蛋白製剤協会(PPTA)のヤン・ブルトCEOは、本紙のインタビューに応じ、血漿分画製剤の国内自給率に言及。「製剤メーカーの供給量ありきではなく、臨床上のニーズに基づいて決めるべき」とし、血漿原料の不足問題についても、「もっと血漿を採血する成分献血者を確保する努力が必要」と提言した。

 PPTAは、血漿分画製剤を製造する主要メーカーと欧米の民間採血センターで構成されるグローバルな業界団体。世界各国の患者団体や規制当局などと協力し、血漿分画製剤の品質、安全性、有効性の確保に向けた様々な課題に取り組んでいる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録