HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【政府】先発不一致後発の変更調剤、「必ずしも不当でない」

2012年9月20日 (木)

 政府は先発品と効能・効果等が異なる後発品の変更調剤について、「結果として適応外使用に当たる場合に、診療報酬の支払いの対象とすることは、必ずしも不当とまでいえない」との見解をまとめた。古川俊治参院議員に対する答弁書によるもの。

 保険診療での医薬品の取り扱いについて、「原則として、製造販売の承認を受けた効能、効果等によることとされているが、有効性と安全性の確認された医薬品が学術上の根拠と薬理作用に基づき、適切に処方された場合には、例外的に、適応外使用が認められる場合がある」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録