HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】臨床研究等活性化AP固める‐計画の項目ごとに取組み明示

2012年9月20日 (木)

 厚生労働省の検討会(座長:矢崎義雄国際医療福祉大学総長)が今年度から5年間の臨床研究・治験活性化のアクションプラン(AP)を大筋で固めた。3月に策定した「5カ年計画2012」の項目ごとに目標、実施主体、具体的な取り組み内容、目安とする開始年度を明確にした。

 企業治験で残された課題のうち、症例集積性については、複数施設が1医療機関のように機能するネットワークの形成を進める。目標には、「国内に優良な治験ネットワークを3カ所以上」を掲げた。厚労省は研究班を設置して調査を実施し、全国のネットワークの活動内容や機能をWebサイトに掲載するほか、「優良」の要件を定めて該当するネットワークを公表する。各ネットワークは参加施設での情報共有・教育を引き続き実施すると共に、受託治験数や実績などを公開する。治験を依頼する企業は優良なネットワークを積極活用する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録