HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【米スキャンポ・上野CEO】アミティーザの世界展開本腰‐目標はグローバル売上500億円

2012年10月30日 (火)

 米スキャンポ・ファーマシューティカルズは、慢性特発性便秘症治療薬「アミティーザ」のグローバル展開に乗り出す。2006年から武田薬品子会社を通じて米国で販売しているが、今年6月に日本、9月に英国で承認を取得し、ようやく米日欧の事業体制が整った。上野隆司CEOは本紙のインタビューに応じ、アミティーザについて、「世界全体でピーク時には年間500億、国内では100億円以上の売上を期待できる」と強調。将来的には自社販売も視野に、開発から販売までの一貫体制を整備する考えも明らかにした。

 スキャンポは、アールテック・ウエノ社の創業者である上野氏が米国で設立した。80年代に発見した組織修復作用を持つ新規脂肪酸「プロストン技術」を柱に、ファーストインクラス製品の開発に取り組み、アミティーザの製品化にこぎつけている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録