11月22日に「第20回道修町文化講演会」 道修町資料保存会と少彦名神社薬祖講

2012年10月31日 (水)

 道修町資料保存会と少彦名神社薬祖講=第20回道修町文化講演会を11月22日、大阪市中央区の大阪薬業クラブで開くが、現在聴衆希望者を募集している。

 講演内容と応募方法は次の通り。

 講演:「吉宗の薬種政策と道修町―薬種屋仲間290年」=野高宏之氏(奈良県立大学教授)、「谷崎潤一郎最高傑作“春琴抄”と道修町―問題と解明」=三島佑一氏(四天王寺大学名誉教授・船場大阪を語る会会長)

 応募方法:往復はがきで住所・氏名・電話番号を明記の上、〒541‐0045、大阪氏中央区道修町2の1の8、少彦名神社内道修町資料保存会まで(11月15日必着)。入場料は無料。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録