HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本調剤】後発中堅の長生堂を買収‐製造販売事業を強化

2012年10月31日 (水)

 調剤チェーン大手の日本調剤は26日、後発医薬品中堅メーカーの長生堂製薬(徳島市、播磨久明社長)との包括的な企業提携に関する基本合意書を締結すると発表した。日本調剤では2005年4月に、後発医薬品市場への供給に向けた100%子会社の日本ジェネリックを設立し、現在は医薬研究所、製造工場も有して、販売品目数357品目(今年3月末時点)を揃える。長生堂の過半数の株式を取得し、子会社化することで販売品目の早期拡充を図り、医薬品製造販売事業(後発医薬品)の拡大につなげる。

 日本調剤は、企業理念とする“真の医薬分業”の実現に向けた中核戦略の一つとして、後発医薬品の使用促進を掲げ、グループを挙げて鋭意取り組んでいる。子会社の日本ジェネリックによる「医薬品製造販売事業」の12年3月期売上高は81億3300万円(セグメント間取引相殺後は39億2300万円)で、順調な増加を見せている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録