HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】中期経営計画を発表

2006年5月11日 (木)

 武田薬品は11日、2006年度010年度までの5カ年中期経営計画を発表した。「10年後の2015年度自社医療用医薬品売上高2兆円を見通せる研究開発パイプラインを2010年度までに構築する」ことを表明した。日米欧で自立的な販売体制を構築し、持続的な成長ができる「真の世界的製薬企業」を目指す。

 中計最終年度の事業目標は、日米欧の事業基盤を強化し、自社医療用薬売上高では1兆4000億円を掲げ、研究開発費は同売上高の20%を目処に投入する方針を示した。1株あたり純利益は年平均7%の伸長を狙う。

 同日発表した2006年3月期決算(連結)では、糖尿病治療薬「アクトス」など国際戦略品の伸長、日米欧での増収により、売上高は7・9%増の1兆2122億円、当期純利益は12・9%増の3132億円となった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録